平成29年12月23日(土・祝日)に開催いたします、第4回チャレンジ・ド・コンサートの出場者が決定しました!

出場者のチーム名とコメントを紹介します!!

 

【D-dance.KANAZAWA】

2010年金沢養護学校の協力の元、ダンス教室の活動をスタートいたしました。

“障がいのある人も無い人も 子供も大人も”みんな一緒。

いつも賑やかですがlesson中はメンバー全員とても真剣にダンスに取り組んでいます。

イベント出演も年々増えてきました。

ダンス大好き♡仲間も大好き♡ チャレンジ・ド・コンサートのステージを笑顔と元気いっぱいのパフォーマンスで盛り上げたいと思います。

【Three X Seven】

昨年度も大変お世話になりました。一昨年同様、子どもたちとっても楽しんで踊り、会場の人たちも盛り上がってくれたことが何よりです。今年も元気がお届けできるよう、頑張ります。

【根本ノブヒロ&高橋友輔】

トンコリ(アイヌの竪琴)と三線(沖縄の三味線)を弾き語りながら音楽活動をやっている地域作業所の職員の根本、養護学校の頃からダンス部に所属し、日頃から身体を動かす事が大好きで元気なムードメーカーでもある地域作業所の利用者の高橋、二人の音楽とダンスのコラボレーションをお楽しみください。

【シーホースサロン】

昨年の、チャレンジ・ド・サロンの皆さまとともに新しい音楽表現・制作に挑戦して相互の絆が深まり、その後、両者を融合した新たな芸術表現の領域を開拓したいため。

【シバチワヒーロー】

メンバーが増えて沢山の笑顔で5周年

全力で楽しんで活動しております

よろしくお願いいたします!!

【飯島ひとし】

若い頃から、ギターを弾き歌っていたが、数年前突然倒れ、生死をさまようも回復。後遺症のため体に不自由が残ったが、ギターをリハビリとして少しずつ、今に至る。

【♯0(シャープ・ゼロ)】※ゲスト出演

2003年に結成された地域支援バンド。

メンバーはほぼ教員です。(例外2名、うち1名は元教員)

「あなたがいなけりゃはじまらない」をコンセプトにコンサートを行っています。

♯0のコンサートはあなたが主役。立って観るもよし、すわって観るもよし、ねころがって観るもよし。ステージへの乱入大歓迎!どうぞヨロシク!!